国連人事の仕組み:採用でよく聞くショートリスト、ロングリストとはなんですか?

0
採用でよく聞くショートリスト、ロングリストとはなんですか?

ショートリストやロングリストとは何か

国連のシステム内にいると、「ショートリスト」や「ロングリスト」という言葉をよく聞くようになります。

簡単に言ってしまえば、「ショートリスト」は人事採用において、面接等の次の採用試験において優先的に審査される候補者の中から絞られた人のリストをさします。別の言い方をすると、採用活動においてより可能性のある候補者のリストです。

「ロングリスト」とは、落第ではないにせよ、「ショートリスト」の次点に当たる人々のリストのことをさします。

 

ショートリストやロングリストは、書類選考や筆記試験等で作られる

国連の採用活動においては、書類選考において「ショートリスト」と「ロングリスト」を作成します。

例えば、書類選考では下記の三点を基準に審査します。

  1. 学歴
  2. 職歴
  3. 言語

募集要項に学歴、職歴、言語において、「必須(Required)」のものと「あれば望ましい(Desirable)」の項目があります。これら二つの要素が上記の3つの項目に対してどれほど合致するかでショートリストとロングリストになるかが決まります。

学歴や言語に関しては詳しく知りたい方は「国連職員になりたければ、最初から大学院を視野にキャリアプランを」や、「国連人事の仕組み:学歴と言語能力に関して」の記事をご覧ください。

関連記事 >>「国連職員になりたければ、最初から大学院を視野にキャリアプランを
関連記事 >>「国連人事の仕組み:学歴と言語能力に関して

また、求められる職務経験年数が知りたい方は「国連人事の仕組み:国連で求められる勤務経験年数を教えてください」の記事をご覧ください。

関連記事 >> 「国連人事の仕組み:国連で求められる勤務経験年数を教えてください

書類選考における結果は、Not Suitable, Long List, Short Listの三つ

上に述べた三つの項目に対して審査が行われ、採点結果を採用マネージャーは各候補者に対して三つのうちの一つの結果を記します。

  • 適さない(Not Suitable)
  • ロングリスト(Long List)
  • ショートリスト(Short List)

の三つです。それぞれ見ていきます。

「必須(Required)」の項目が一つでも満たせない場合は、「適さない(Not Suitable)」と採点される

この学歴、職歴、言語において、「必須(Required)」の項目は全て満たさなければなりません。一つでも満たさない項目がある場合は、すぐに「適さない(Not Suitable)」となり、書類選考で落とされてしまいます。

 

「必須(Required)」の項目を全て満たすが、「あれば望ましい(Desirable)」があまりない場合はロングリスト

ロングリストに選ばれる人は、基本的な要件を満たしているけれども、募集要項に書かれている「あれば望ましい(Desirable)」項目をあまり満たせていないという方々です。次の審査をする上での資格はあり、ショートリストに移される可能性のある人々です。

ただし、ショートリストの人から審査されるため、ロングリストに選ばれたとしても審査されずに終わる可能性もあります。

 

「必須(Required)」「あれば望ましい(Desirable)」共に全ての要件を満たす人はショートリスト

ショートリストに選ばれる人は、基本的な要件を満たし、且つ「あれば望ましい(Desirable)」項目も全て(もしくはほぼ全て)満たしている人が選ばれます。

これは応募者の数と質によります。もし「あれば望ましい(Desirable)」項目の全てを満たす人が多ければ、全てを満たす人でないとショートリストに選ばれません。

逆に、「あれば望ましい(Desirable)」項目を満たす人があまりいない場合は、比較的に多くを満たす人がショートリストとして選ばれます。

ショートリストに選ばれた人から、次の試験である筆記試験や面接試験に挑戦することができます。筆記試験や面接試験に関しては 「国連の人事制度:書類選考後の筆記試験や面接に関して」 の記事や、「国連組織の筆記試験について調べてみる」の記事をご覧ください。

関連記事 >> 「国連の人事制度:書類選考後の筆記試験や面接に関して
関連記事 >> 「国連組織の筆記試験について調べてみる

 

書類ではRequiredとDesirable全て満たしていることをアピールして書きましょう

このように仕組みを見ていくと、みなさんが思っている以上に「Desirable」が重要であることがわかって頂けたのではないかと思います。書類を審査する人が見落とすことなく審査をしてもらえるように、RequiredとDesirableな項目をしっかりと明記しましょう。

カバーレターにそれらの要件を満たしていることをアピールする人もいますが、特に職歴でそれをしっかりと述べていることがとても重要です。(なかにはカバーレターは全く読まない人もいるようです)。カバーレターをどんなことを書けばいいか自信のない方「国連採用試験:(書類選考)カバーレターの書き方」の記事をご参照ください。

関連記事 >> 「国連採用試験:(書類選考)カバーレターの書き方

また、もっと国連の仕組みを知りたい!という方がいましたら、是非とも「国連職員になるには」の記事も読んでいたでいただければと思います。

関連記事 >> 「国連職員になるには

以上、「国連人事の仕組み:採用でよく聞くショートリスト、ロングリストとはなんですか?」についてでした。


ご案内:UN Job Siteを開発しました。

国連のポストを簡単に探すことができるプラットフォームUN Job Siteを開発しました。国連で将来働きたい方や、現在働いていて今後自分の就職活動を少ない労力で行いたい方に向けて作っています。国連の採用基準やポリシーに合わせて現在も継続的に開発していますので、ちょくちょく覗いていただければと思います。また、ブログ記事にてその開発背景や今後の開発予定の機能等も載せていますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

下記の画像をクリックしていただくことで、UN Job Siteに遷移します。


Facebook PageやTwitterもぜひフォローお願いします。

また、国連職員を目指している方への情報配信Facebook Pageや、Twitterアカウントでも情報配信をしていますので、フォローも是非よろしくお願い致します。



返事を書く

コメントを入力してください。
ここにお名前を入力してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください