国連採用試験面接質問集

国連の面接採用試験における質問内容はほぼ決まっています。決まった質問をすべての候補者に同じように質問をしなければならないというルールがあります。これは、すべての候補者に対して公平にジャッジメントする必要があるからで、HRにそのような指導を受けます。面接では面接官及びコーディネーターが面接に参加し、それぞれ必ず面接におけるトレーニングを受ける必要があります。そのため、国連としては全世界的に統一のルールがあると言えます。

面接はcompetency based interviewという形式で、それぞれ三つの大きな分野中からその職種に求められる項目がjob openingの時に記されます。Core Value(コアな価値観)とCore Competencies(コアな資質)そしてManagerial Competencies(管理者としての資質)が挙げられます。これは、面接官が採用する人を正当化するために使われます。例えば、「この人物はこのCore Valueの質問に対してこのような受け答えをしたので、このCore Valueを要していると言える。そのため、この人物を採用するのが適切である。」というようにjustificationします。

大きく分けて、3つのCore Value、8つのCore Competencies、6つのManagerial Competenciesをここに列挙します。それぞれのリンクにその質問内容と、Positive Indicator、Negative Indicatorを記します。

コアバリュー

コアコンピテンシー

マネジリアルコンピテンシー