採用

みんなの質問箱

2019/10/20

最短ルートで国連職員になるには何年かかる?

質問 将来国連で働くことを夢にしていて、現在大学で環境系を専攻しているものです。自分はなるべく最短ルートで若い年齢から国連で働きたいと考えています。そこでYPP, JPOを利用するとだいたい早くてどのくらいの年齢から国連で働くことができますか?また、外国語以外で勉強しておくべきことについて教えていただけたら幸いです。 回答 ご質問ありがとうございます。早速回答してまいります。 国連職員に最短ルートでなる場合の必要最低年数 ここでは三つの制度の場合を紹介致します。 ヤング・プロフェッショナル・プログラム(Y ...

コラボ企画若手のための相談会

2019/6/23

国際機関を目指したい若手のための相談会を開催します

国際機関に勤めている人にキャリアの相談を乗りたいけれども、相談できる人がいない。国際機関で働くための準備をしているけど、方向性があっているのか確認をしたい。といったことを考えている若手のために相談会を行います。概要や応募方法、当選後の流れを紹介します。

CV image

2019/6/23

あなたの応募書類を今すぐできる改善方法(レジュメ・CV・PHPの書き方)

レジュメやCV、PHPを書く際に自分でどのようなことが改善できるかを4つの原則、12のルール、2つの改善方法を紹介します。また末尾に19の質問をのせ、自分の応募書類がチェックできるようにしました。一つ一つ時間をかけてあなたの応募書類の合格率をあげましょう。

ヤング・プロフェッショナル・プログラム関連情報

2019/6/23

2019年度ヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP)の開催決定。応募分野と対策。【大幅加筆修正】

2019年のYPP開催が決定いたしました。今年はEconomic AffairsとInformation Systems and Technologyの二つの分野です。応募条件、スケジュール、対策方法をまとめました。しっかりと対策をしてのぞんで頂ければと思います。また、例年とルールがいくつか変わっていますので、そちらも併せてご確認ください。

JPOとは国連職員になる上での登竜門的な派遣制度

2019/1/8

【速報】2019年度JPO試験募集要項公開されました

【2019年度JPO試験募集要項公開のお知らせ】 外務省国際機関人事センターのHPにて、2019年度JPO試験の募集要項が掲載されました。 締め切りが二つあります。2月28日(事前登録締切り)と3月4日(応募締切り)です。応募に当たっては必ず事前登録を行う必要がありますので、JPOを受ける意思のある方は必ず事前登録を行いましょう。 前回2018年度試験からの主な変更点は以下5点です。 応募期間を4-5月から2-3月に前倒しする。 受付迅速化のため、オンラインでの事前登録(登録所要時間は15分程度)を導入す ...

2019/10/20

国連のポスト募集要項に書いてある「関連する職業」とは何か

たまに国連の採用やキャリア、進路に関する相談を受けます。今回はその中で、これはブログでも解説した方がいいかなと思うものがありますので、今回はそのうちの一つを書いてみます。関連する職業とは、簡単に言ってしまうと「国連募集中のポストに書かれている仕事内容に関連した仕事の勤務経験」ということになります。

2018/10/15

国連の自分の職場にインターンがやってきた【前編】

現在の職場にインターンがやってきたので、あくまでインターンを採用した側からの視点で書きたいと思います。私は上司の指示のもと、募集要項、書類選考、面接試験の調整、合否を出してからインターンが来るまでの事務手続き(補佐)、インターンの指導(現在進行形)など基本的に全てのプロセスに関わっています。どれぐらいこの私の体験談が参考になるかわかりませんが、こんな職場もあるんだなーということを理解してもらえればと思います。

国連のコンピテンシー・ベースト・インタビュー

2018/12/2

国連の面接対策をする際にマイケル・エミリーの動画を見ましょう

前回の記事である「国連人事の仕組み:コンピテンシーベーストインタビューについて(国連の面接対策)」にて、コンピテンシー・ベースト・インタビューの概要を述べました。 実際にどのような対策をすべきかも理解して頂けたのではないかと思います。今回は、コンピテンシー・ベースト・インタビューの準備をする際に必見の動画の紹介です。この記事でどのように準備をすれば良いかさらに理解を深めていただければと思います。 関連記事 >> 「国連人事の仕組み:コンピテンシーベーストインタビューについて(国連の面接対策)」 ...

国連のコンピテンシー・ベースト・インタビュー

2019/6/21

国連人事の仕組み:コンピテンシー・ベースト・インタビューについて(国連の面接対策)

  国連のスタッフ採用過程で必ずコンピテンシー面接が入ります 国連事務局のスタッフ採用試験を受ける際に、ショートリストされると(詳しくは「国連人事の仕組み:採用でよく聞くショートリストとは何ですか?」参照)必ず面接試験が入ります。 国連の面接試験は、コンピテンシー・ベースト・インタビューという形式を取ります。ではこのコンピテンシー・ベースト・インタビューとはどのような内容で、どうやって対策を立てることができるのでしょうか。この記事ではその面接の仕組みについて解説します。 関連記事 >&gt ...

ヤング・プロフェッショナル・プログラム関連情報

2018/7/20

2018年ヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP)試験の募集が始まっています。

YPPの準備はできていますか? 現在、国連では学士号のみで受験することができるヤング・プロフェッショナル・プログラム、通称YPP(ワイピーピー)の受験者の募集をしています。毎年この制度を使って30〜100名の若き国連スタッフが誕生します。 試験に関する詳しい説明は「国連職員になる方法 後編」の記事で紹介しています。また、「ヤング・プロフェッショナル・プログラムの受験体験記を書いている記事まとめ」にも様々な方が体験記を書いていますので、そちらもご覧いただければと思います。 関連記事 >> 「国連 ...

国連豆知識

2018/8/19

国連職員の選考で出身大学の有利不利はありますか

国連職員になる選考で、出身大学や出身大学院による審査の有利不利はありません。WHEDというサイトに認められている大学や大学院のリストが定められています。学歴で重要なのは専攻分野と所属学部です。学部による有利や不利はない、けれども需要の多い職や、常に人材不足の職種はある可能性あり。最終的には自分の夢中になれる分野がおすすめ(ただし、しっかりとリサーチすること)修士号を取ることをキャリアプランに入れることを忘れずに。

2018/1/22

国連組織の筆記試験について調べてみる

この投稿は近々行われます、在タイ日本大使館で行われる、国連職員を対象とした勉強会にて発表する内容の一部を皆さんにも日本語でシェア致します。 なお、国連事務局の筆記試験等に関しては下記をご覧ください。 国連の人事制度:書類選考後の筆記試験や面接に関して 国連組織における採用制度は組織によって異なる 今まで、国連事務局の採用人事制度を中心に述べてきましたが、実際には国連組織によって採用基準やその方法のゆらぎがあります。今回はその筆記試験に焦点をあててして、その内容を見てみたいと思います。 筆記試験は、インタビ ...

© 2020 Shota's Blog