みんなの質問箱

最短ルートで国連職員になるには何年かかる?

投稿日:

みんなの質問箱

質問

将来国連で働くことを夢にしていて、現在大学で環境系を専攻しているものです。自分はなるべく最短ルートで若い年齢から国連で働きたいと考えています。そこでYPP, JPOを利用するとだいたい早くてどのくらいの年齢から国連で働くことができますか?また、外国語以外で勉強しておくべきことについて教えていただけたら幸いです。

回答

ご質問ありがとうございます。早速回答してまいります。

国連職員に最短ルートでなる場合の必要最低年数

ここでは三つの制度の場合を紹介致します。

  1. ヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP)
  2. ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)派遣制度
  3. 空席公募(今回はP2レベルを想定)

国連の人事制度上、下記のように言えるかと思います。これは大学卒業時を出発点にした場合の計算です。制度によっては1年半〜5年が最低必要年数といったところでしょうか。

制度学歴職歴応募まで採用期間勤務まで
YPP学士※不要0年1年半-※21年半-※3
JPO修士※12年3-4年1年4-5年
空席公募修士2年3-4年半年-3年半-5年

※  但し応募時に卒業している必要あり(卒業年に応募は不可)
※1 修士は1〜2年かかると計算。大学院によって1年で終わるプログラムがある。
※2 YPP試験で1年、YPP試験合格後別途採用プロセスが行われる。この採用プロセスも時間がかかる場合がある。
※3 採用プロセスが半年で終わった想定。但しYPP試験に合格しても、勤務できるとは限らない(別途採用試験に受かる必要あり)

当然こちらには「但し」が出てきます。YPPは年間日本人合格者が出るか出ないかで、また年によって受験可能分野が変わります。毎年環境分野があるわけではありません。また、YPP試験に受かった後も特定ポストの採用試験(面接。もしかしたら筆記試験も?)があります。

そして制度上での最低年数ですので、仮に受験資格を持っていたとしても、「受験資格」であって他の更に優れたプロファイル(例えば博士号や何年もその分野で働いている方)を持った人がいれば、そちらの方が選ばれる傾向にあるでしょう。その時にどのような方々が応募するのか、時の運もあるでしょうし、ご自身の応募書類の完成度や専門性にも関わってくるかと思います。

倍率別に見ると、YPPで大体600倍(何年か前のデータですので、最近はもう少し低いと思います)、JPOで2~4倍、空席公募で100~500倍ぐらいの競争率と考えて頂ければ良いと思います。

今からできる準備

これはとにかくご自身の進みたい分野の専門性を高め、専門性が高いということを上手にアピール能力を伸ばすということが重要だと思います。

では、専門性が高いとは何を持って言うのでしょうか?

ポイント

  • 学術的な専門性
  • 職務経歴としての専門性
  • 資格で証明できる専門性

ざっくり分けてこの三つではないでしょうか?このあなたの専門とポストで求められる専門性が合致すると合格する確率が高まるかと思います。例えば、「国連(国際機関)就職でアピールしたい資格一覧とオススメの資格」の記事をご覧いただき、何か役に立ちそうな資格を見つけてみてもいいかもしれません。環境系ではどのような資格があるのかわかりませんが、ご自身のフィールドにおいてどのような形が一番専門性を証明することができるのか(職務経験が一番重要なのか、それとも学術や研究を突き詰めていくのか)考えて行動していきましょう。

この専門性がしっかりとないと競争力は一気に落ちるかと思います。なぜなら、国連では即戦力であることが求められ、働き始めたらすぐにプロとして結果を残せるように要求されるからです。

以上ご参考になれば幸いです。

 

あなたも直接質問してみませんか?

国連に関する疑問やお悩みを匿名で質問することができます。Q&A公開は承認方式です。

いただいた質問はサイト上で公開します。ウェブで公開できない個人情報等は書かないでください。


ご案内:UN Job Siteを開発しました。

国連のポストを簡単に探すことができるプラットフォームUN Job Siteを開発しました。国連で将来働きたい方や、現在働いていて今後自分の就職活動を少ない労力で行いたい方に向けて作っています。国連の採用基準やポリシーに合わせて現在も継続的に開発していますので、ちょくちょく覗いていただければと思います。また、ブログ記事にてその開発背景や今後の開発予定の機能等も載せていますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

下記の画像をクリックしていただくことで、UN Job Siteに遷移します。


Facebook PageやTwitterもぜひフォローお願いします。

また、国連職員を目指している方への情報配信Facebook Pageや、Twitterアカウントでも情報配信をしていますので、フォローも是非よろしくお願い致します。


こんな記事もあります




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

亀山 翔大

東京都出身。劇団四季俳優、日本IT企業CTO(最高技術責任者)、国連防災世界会議ITコーディネーター、Fintech企業のKyashを経て、国際連合に勤める。国連ICT戦略推進、リージョナルセンター設立、コンプライアンス、セキュリティ強化など様々なプロジェクトを手がける。 各国連組織にある求人情報を一括取得し、自分で管理するお手伝いをするサービス、https://unjob.site を運用中。

プロフィール詳細はこちら

講演依頼はこちら

人気記事

1

国連職員になるには、国連で働くためには、就職するためには、何を知るべきなのか、何を準備したらいいのか順番に解説していきます。国連職員になる難易度は本当に高いのか、なぜ高いと言われているか。出身大学や学部はどの程度関係あるか、採用試験のために学生のうちにどんな準備ができるかなど様々な疑問に答えていきます。

CV image 2

レジュメやCV、PHPを書く際に自分でどのようなことが改善できるかを4つの原則、12のルール、2つの改善方法を紹介します。また末尾に19の質問をのせ、自分の応募書類がチェックできるようにしました。一つ一つ時間をかけてあなたの応募書類の合格率をあげましょう。

3

国連職員の給料を役職ごと(専門職・管理職・上級職)に公開します。国際的な貢献は最も重要な点でありますが、人によってはキャリア形成の上で給料は大切な要素だと思います。国連職員の年収を東京やニューヨークを例にとり計算。UN、UNDP、UNICEF、UNFPA、WHO、IFC、IMF、UNHCRなど様々ありますが、この記事の給料はそれらの国連機関をカバーしています。

-みんなの質問箱
-, ,

Copyright© Shota's Blog , 2019 All Rights Reserved.