今までインターナショナルポストや一般職員の給料を紹介しました

今まで国連職員の給料に関する投稿をいくつかしてきました。「インターナショナルスタッフの給料一般職員(ローカルスタッフ)の給料」、そして「Junior Professional Officer(JPO)の給料」などです。将来のキャリアプランを立てるに当たって、金銭的な考慮は必須であると思い、こういった給料関係の投稿を続けています。

なお、インターナショナルスタッフに限定されますがICSCのCalculatorを使って簡単に給料計算をすることができますので、インターナショナルスタッフを考えていらっしゃる方はこのツールを使えます。なお、一部のサイトでは虚偽の情報を提示しているところもありますのでご注意ください。

国連に詳しい方ならお気づきかと思いますが、まだまだカバーできていない職種があります。今回はそのうちの一つ「フィールドスタッフ」の給料を紹介します。

関連記事 >> 「国連職員の給料 管理職・専門職・上級職編
関連記事 >> 「国連職員の給料 一般職編
関連記事 >> 「JPOの給料(年収)は国連のP-2に相当する額が支払われます|P-2とは
関連記事 >> 「国連職員の給料(年収や福利厚生)を計算をするときはICSCのCalculatorを使おう

 

フィールドスタッフの給料計算方法

給料の計算方法は基本的にインターナショナルスタッフポスト(P or Above)と同じです。基本給と地域調整額で給料・年収が決まります。

関連記事 >> 「国連職員の給料 管理職・専門職・上級職編

 

フィールドスタッフの基本給

フィールドスタッフ基本給表
フィールドスタッフの給料表。グレードとステップ数で給料が柔軟に変わります。

上の表にある通り、これがフィールドスタッフの基本給です(2018年1月1日現在)。米ドルでの計算で、この表は定期的に更新されます。

この中でも特筆すべきは、FS-6とFS-7です。これらのポストはインターナショナルスタッフのP-3とP-4に相当します。FSポストの中でも特別なポストで、これらFS-6とFS-7からそれぞれP-3/P-4とP-4/P-5のポストに応募することができます。

 

実際に例を見ていきましょう

では実際にどのように計算をしていくのか見ていきます。ここでわかりやすいように、東京、地域調整額が一番高い(低い)地域をあげていきます。実際にこれらの都市でFSスタッフが働いているかどうかはおいておいて、制度上の計算はこのような形になることをご確認いただければと思います。

なお、地域調整額のレートはICSCのウェブサイトで確認いただけます。

東京の場合

Tokyo基本給地域調整額合計
FS-7約780 – 995万円約617 – 788万円約1397 – 1784万円
FS-6約654 – 853万円約518 – 675万円約1173 – 1528万円
FS-5約568 – 737万円約449 – 583万円約1017 – 1321万円
FS-4約502 – 642万円約397 – 508万円約899 – 1151万円
FS-3約444 – 564万円約352 – 446万円約796 – 1010万円
FS-2約394 – 500万円約312 – 396万円約707 – 896万円
FS-1約351 – 444万円約278 – 351万円約629 – 796万円
日本円/USD110円計算地域調整レート79.2%

地域調整額が一番高い地域の例(香港)

Hong Kong基本給地域調整額合計
FS-7約780 – 995万円約830 – 1060万円約1610 – 2056万円
FS-6約654 – 853万円約697 – 908万円約1352 – 1761万円
FS-5約568 – 737万円約604 – 785万円約1172 – 1522万円
FS-4約502 – 642万円約534 – 684万円約1036 – 1327万円
FS-3約444 – 564万円約473 – 600万円約917 – 1164万円
FS-2約394 – 500万円約420 – 532万円約815 – 1033万円
FS-1約351 – 444万円約374 – 473万円約725 – 917万円
日本円/USD110円計算地域調整レート106.5%

地域調整額が一番低い地域(ルーマニア)の例

Romania基本給地域調整額合計
FS-7約780 – 995万円約31 – 40万円約812 – 1036万円
FS-6約654 – 853万円約26 – 34万円約681 – 888万円
FS-5約568 – 737万円約23 – 30万円約591 – 767万円
FS-4約502 – 642万円約20 – 26万円約522 – 668万円
FS-3約444 – 564万円約18 – 23万円約462 – 587万円
FS-2約394 – 500万円約16 – 20万円約411 – 520万円
FS-1約351 – 444万円約14 – 18万円約365 – 462万円
日本円/USD110円計算地域調整レート4.1%

 

地域調整額によって大きく給料額が変わってくる

お気付きのように基本給はどこも同じで、地域調整額で大きく給料が変わります。最低基準と最高基準の拠点を見てみると、ほぼ倍額変わります。

 

今回の投稿のために自動計算表を作りました

ちゃんとした計算ができるように、自動計算表を作りました。日本円で計算したり、しっかりと正確な情報がお伝えできるようにエクセルで簡単に表を作りました。

FSスタッフ給料自動計算表
FSスタッフ給料自動計算表を作って日本円で計算できるようにブログ更新のために作りました。ソースのデータは定期的に更新するため、僕自身のデータのためにも簡単に更新できるように作りました。

本当はICSCがAPI等を提供してくれてればそういったシステムを作るのですが、しばらくはエクセルで管理か、将来的にはUN Job Siteに入れてもいいかなーなんて考えもしています。

 

他のカテゴリーの給料(年収)にご興味のある方は

フィールドスタッフの他に、JPOを含むインターナショナルスタッフ、一般職、ナショナルスタッフなどあります。下記のリンクを通して、他の職の給料や年収をご確認いただければと思います。

関連記事 >> 「国連職員の給料 管理職・専門職・上級職編
関連記事 >> 「国連職員の給料 一般職編
関連記事 >> 「JPOの給料(年収)は国連のP-2に相当する額が支払われます|P-2とは
関連記事 >> 「国連職員の給料(年収や福利厚生)を計算をするときはICSCのCalculatorを使おう

また、「平均年収.JPというデタラメな国連給与情報を表示するサイトにご注意ください」でも述べていますが、虚偽情報を載せているサイトもありますので、ご注意ください。

関連記事 >> 「平均年収.JPというデタラメな国連給与情報を表示するサイトにご注意ください

 

国連のキャリアに興味がある方は

また、「国連職員になるには」の記事にて、国連職員になるために必要な準備や知っておくべき情報等が網羅的に書かれています。特に必要な学歴、経験、学生時代や社会に出てからどんな準備できるかアドバイスも書かれています。1万2千字以上の情報がぎっしり含まれていますので、ブックマークなどしておき、都度必要に応じて辞書的に使っていただければと思います。

関連記事 >> 「国連職員になるには

 

以上「国連職員の給料 フィールドスタッフ編」でした。

 


ご案内:UN Job Siteを開発しました。

国連のポストを簡単に探すことができるプラットフォームUN Job Siteを開発しました。国連で将来働きたい方や、現在働いていて今後自分の就職活動を少ない労力で行いたい方に向けて作っています。国連の採用基準やポリシーに合わせて現在も継続的に開発していますので、ちょくちょく覗いていただければと思います。また、ブログ記事にてその開発背景や今後の開発予定の機能等も載せていますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

下記の画像をクリックしていただくことで、UN Job Siteに遷移します。


Facebook PageやTwitterもぜひフォローお願いします。

また、国連職員を目指している方への情報配信Facebook Pageや、Twitterアカウントでも情報配信をしていますので、フォローも是非よろしくお願い致します。




こんな記事もあります




返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください