YPP 国連職員 国際連合 採用 準備・情報収集・対策

2017年国連ヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP)募集開始しました

更新日:

ヤング・プロフェッショナル・プログラム関連情報

YPPプログラムが募集開始しました

未経験者でも国連職員になる門戸が開かれています。ヤング・プロフェショナル・プログラム(通称ワイピーピー)の募集要項が解禁されました。応募条件や情報収集の方法等は下記の記事をご覧ください。

2017年ヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP)募集職種が発表されました

募集分野

下記のJob Networkで募集がされています。

  • Political, Peace, and Humanitarian Network (POLNET)
  • Management and Administration Network (MAGNET)
  • Public information and Conference Management Network (INFONET)

POLNETの試験はオンラインで実施され、他の二つはペーパー形式での試験実施となります。

内部受験者と外部受験者

今回は外部受験と内部受験とが用意されています。内部受験は、"G to P"と"G to N"が用意されています。受験資格については、冒頭で紹介した記事をご覧ください。一度GスタッフになるとインターナショナルスタッフであるPポジションになるのは難しいと言われていますが、このYPPはその中でもPスタッフになれる貴重な機会となります。ただし、それでも下記のように制約がありますので、難しいことに変わりはないように思います。

GスタッフとFSスタッフ受験における条件の一部紹介

  • General ServiceスタッフおよびField Serviceスタッフ
  • 連続して5年以上国連事務局で働いた経験があるもの
  • 直近の2回のパフォーマンス評価で少なくとも"successfully meets performance expectations"であること
  • 英語もしくはフランス語に堪能なこと
  • 定められた最低限の学歴(大卒)を有すること

書類提出期限と筆記試験日

YPPの概要が発表されました。書類で大半の応募者が落とされるので、しっかりと対策しておきたい。

書類提出期限と筆記試験日が発表されました。

 

書類提出期限は2017年8月22日

書類選考締め切りは2017年8月22日の23:59です。

ニューヨーク時間であることにご注意ください!!東京時間にすると2017年8月23日12時59分でしょうか。

時間に余裕を持って提出しましょう。

 

MAGNETとINFONETの筆記試験は2017年12月14日

筆記試験日は2017年12月14日と発表されました。ただし、この試験日はMAGNETとINFONETの試験日であって、POLNETは2017年の10月予定となっています。

POLNETは2017年10月予定

これはオンラインで試験が行われるためなのでしょう。オンライン試験はどのように行われるのかどうか、不明ではありますがProctorUのようなサービスを使って行われるのかと予想しています。下記POLNETの試験要項より抜粋です。

The written examination will be conducted via an online testing platform. Candidates convoked for the written examination will be responsible for identifying and securing a location suitable for them to complete the examination (i.e., a computer with a dependable internet connection). Further information regarding the online testing platform and suggestions for a suitable testing environment will be provided to those convoked for the examination. The anticipated timeframe for the written examination is October 2017 (exact date to be announced on UN Careers Portal).

 

外部受験募集要項へのリンク

募集要項へのリンクを下記に貼ります。締め切りが過ぎましたら、自動的に下記のリンクが無効になるようですので、情報収集が目的の方は早めに控えておくことをお勧めします。

POLNETへのリンク

INFONETへのリンク

MAGNETへのリンク

 

その他YPPやインターナショナルスタッフに関して書かれた記事もご参考ください

試験内容に関して書いてます。

国連職員になる方法 後編

将来のキャリアを考える上で給料は重要だというのが僕の考えです。実際にYPPに合格した際にどれだけの収入が見込めるのかを下記を参考にご覧下さい。

国連職員の給料 管理職・専門職・上級職編

 


ご案内:UN Job Siteを開発しました。

国連のポストを簡単に探すことができるプラットフォームUN Job Siteを開発しました。国連で将来働きたい方や、現在働いていて今後自分の就職活動を少ない労力で行いたい方に向けて作っています。国連の採用基準やポリシーに合わせて現在も継続的に開発していますので、ちょくちょく覗いていただければと思います。また、ブログ記事にてその開発背景や今後の開発予定の機能等も載せていますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

下記の画像をクリックしていただくことで、UN Job Siteに遷移します。


Facebook PageやTwitterもぜひフォローお願いします。

また、国連職員を目指している方への情報配信Facebook Pageや、Twitterアカウントでも情報配信をしていますので、フォローも是非よろしくお願い致します。




こんな記事もあります




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

亀山 翔大

東京都出身。劇団四季俳優、日本IT企業CTO(最高技術責任者)、国連防災世界会議ITコーディネーター、Fintech企業のKyashを経て、国際連合に勤める。国連ICT戦略推進、リージョナルセンター設立、コンプライアンス、セキュリティ強化など様々なプロジェクトを手がける。 各国連組織にある求人情報を一括取得し、自分で管理するお手伝いをするサービス、https://unjob.site を運用中。 プロフィール詳細はこちら

人気記事

1

国連職員になるには、国連で働くためには、就職するためには、何を知るべきなのか、何を準備したらいいのか順番に解説していきます。国連職員になる難易度は本当に高いのか、なぜ高いと言われているか。出身大学や学部はどの程度関係あるか、採用試験のために学生のうちにどんな準備ができるかなど様々な疑問に答えていきます。

CV image 2

レジュメやCV、PHPを書く際に自分でどのようなことが改善できるかを4つの原則、12のルール、2つの改善方法を紹介します。また末尾に19の質問をのせ、自分の応募書類がチェックできるようにしました。一つ一つ時間をかけてあなたの応募書類の合格率をあげましょう。

3

国連職員の給料を役職ごと(専門職・管理職・上級職)に公開します。国際的な貢献は最も重要な点でありますが、人によってはキャリア形成の上で給料は大切な要素だと思います。国連職員の年収を東京やニューヨークを例にとり計算。UN、UNDP、UNICEF、UNFPA、WHO、IFC、IMF、UNHCRなど様々ありますが、この記事の給料はそれらの国連機関をカバーしています。

-YPP, 国連職員, 国際連合, 採用, 準備・情報収集・対策
-, , ,

Copyright© Shota's Blog , 2019 All Rights Reserved.