国連採用試験(YPP)対策 その1

YPPとは??

YPPとは勤労経験がなくても受験することができる国連職員(専門職)になるための試験です。そろそろ今年度の募集要項が発表されてもいい時期なのではないでしょうか。

詳しくは下の投稿をご覧ください。

国連職員になる方法ー後編

国連職員になる方法(後編)を説明します。説明のメインはYPPです。未経験でも受験可能な点魅力的ですが、難易度が高いことでも知られています。受験する方はしっかりと対策を立てる必要がありますので、この情報を参考にして頂ければと思います。

YPP過去の受験者に話を聞いて回っています

日本人の合格者が少ないようですが、自分の身の回りにいるYPP経験者がいると話を聞くようにしています。今回はその中の一人の話を書きます。今回は過去のITカテゴリーで受験した方の情報です。

ズバリどんな試験内容だった?

概要は過去に投稿した記事にかいてあることと同じのようです。一般問題(要約問題)、選択問題、記述問題。一般問題は割愛します。

選択問題

国連に関する知識を問われる試験が出たようです。

  • 19**年に採択されたのは次のうちどれか
  • またその時の国連事務総長は誰だったか
  • 国連憲章に関する問題

等々、国連に関する問題が幅広く出されたようです。50%はここで最低でも取りたいとのこと。

記述問題

主に下記のことが問題になったようです。

  • PRINCE2
  • UML
  • ITIL

PRINCE2とは

国連では数多くのプロジェクトがあり、数が多い為プロジェクトのマネジメント方法も統一しなければならいません。そこで国連として正式に採用されているのが、PRINCE2です。PRINCE2は「PRojects IN Controlled Environments(管理された環境下でのプロジェクト)」の頭文字をとった用語です。プロジェクトを管理する際も、このPRINCE2に沿った形でプロジェクト管理をすることが推奨されています。PRINCE2は資格もありますが、割と高額です。参考のため、書籍をいくつか紹介します。

PRINCE2 Information & PRINCE2 Courses for Project Managers provided by ILX Group | UK

UMLとは

日本語では統一モデリング言語と訳されるようですが、Unified Modeling Languageの略です。

オブジェクト指向分析,設計におい てシステムをモデル化する際の記法(図法)を規定した言語(ビジュアル・ラン ゲージ)です
–UML超入門より

ITの開発現場では一般的な記述方式です。画像検索すると「あーあれのことか」となる方もいるのではないでしょうか。

ITILとは

IT Infrastructure Libraryの略で、ITサービスマネジメントに関することです。組織において、ITシステムは構築して終わりではありません。日々運用しなければならず、大半の企業のITコストは既存システムの維持に使われています。このIT運用を「ITサービス」として捉え、ベストプラクティスを集め方法論として体系化したものがITILです。ITILはPRINCE2と同じように英国で生まれ、IT業界ではデファクトスタンダードになりつつあるそうです。

 

IT分野で受験される方は、これらの対策をしておきましょう

私の同僚はPRINCE2とITILだけ猛勉強(1000時間)して望んだようです。国連の知識は2・3日の勉強に済ませたと。。。(強者?)面接もCompetency Basedで簡単だったし、PRINCE2とITILをとにかくしっかり勉強して頑張れば多分大丈夫だよと強気な意見。因みに彼はPhDも職務経験もあり、32歳ぎりぎりに受けて受かったとのこと。彼の周りにいるYPP合格者は皆んな30代で職務経験のある人が受かってたと考えると、未経験でも受験可能とはいえ、経験があることを見越した試験になっているのではないかとも言っていました。受験される方は頑張りましょう。


ご案内:UN Job Siteを開発しました。

国連のポストを簡単に探すことができるプラットフォームUN Job Siteを開発しました。国連で将来働きたい方や、現在働いていて今後自分の就職活動を少ない労力で行いたい方に向けて作っています。国連の採用基準やポリシーに合わせて現在も継続的に開発していますので、ちょくちょく覗いていただければと思います。また、ブログ記事にてその開発背景や今後の開発予定の機能等も載せていますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

下記の画像をクリックしていただくことで、UN Job Siteに遷移します。


Facebook PageやTwitterもぜひフォローお願いします。

また、国連職員を目指している方への情報配信Facebook Pageや、Twitterアカウントでも情報配信をしていますので、フォローも是非よろしくお願い致します。