大学院

みんなの質問箱

2019/6/15

国連職員になるためには就職と大学院進学はどちらを先にするべき?

四年制大学を卒業後、2、3年の職務経験を得てから海外の大学院に進学し、国連職員になりたいと考えています。就職よりも大学院を先にした方がいいでしょうか?また、大学院に進学したとしても職務経験は必要ですか?

2018/8/27

タイの大学院にきて知った14のこと

タイの大学院では楽しかったこともあれば、とても苦労したことがあります。この記事では1年半近く大学院で勉強してきて学んだことを14つまとめました。今後タイの大学院に行ってみたいと思う方がいましたら、参考にして頂ければと思います。

no image

2018/7/20

オーストラリアの奨学金を調べてみると待遇の良さに驚いた(1000万円以上の給付も)

国連職員になる上での一つの壁は大学院に行くこと 世の中には「国連職員になりたい」と一度でも思ったことのある人はかなり多く存在します。そんな人にとって一つの大きな壁は「修士号」を取得することだと思います。 修士号をとるにしても多くのお金と時間を費やさなければなりません。この記事は時間はともかく、お金は「この世の中にある制度を利用すればどうにかなるのではないか」ということを提起するための記事です。 もし、「国連職員になりたいけど、どんなことをしたらいいのかわからない」という方がいましたら、こちらの「国連職員に ...

国連豆知識

2018/8/19

国連職員の選考で出身大学の有利不利はありますか

国連職員になる選考で、出身大学や出身大学院による審査の有利不利はありません。WHEDというサイトに認められている大学や大学院のリストが定められています。学歴で重要なのは専攻分野と所属学部です。学部による有利や不利はない、けれども需要の多い職や、常に人材不足の職種はある可能性あり。最終的には自分の夢中になれる分野がおすすめ(ただし、しっかりとリサーチすること)修士号を取ることをキャリアプランに入れることを忘れずに。

2017/10/30

R言語によるピアソン積率相関係数分析と相関散布図

ピアソン積率相関係数分析とは ピアソン積率相関分析はどれだけ二つの変数の相関関係があるのかを0 ≦ |r| ≦ 1で表す分析で、絶対数の1に近いほど高い相関関係を表します。 例えば、国語の成績がいい人は数学の成績がいいことと相関の関係を持っているかどうか等の分析に使います。下記、京都光華大学の説明を引用させて頂きます。  2変数間に、どの程度、直線的な関係があるかを数値で表す分析です。 変数xの値が大きいほど、変数yの値も大きい場合を正の相関関係といいます。 変数xの値が大きいほど、変数yの値が小さい場合 ...

2017/10/30

R言語による重回帰分析 Multiple Linear Regression Analysis

私が大学院でとっているIndividual ResearchおよびBusiness Research Analysisクラスでは、IBMのSPSSを使って分析をしているのですが、あまりサクサク動かないと言うこともあり、R言語とRStudioで勉強を進めています。個人的には、R言語で行った方が、結果がすぐに出てくるので、精神衛生上こちらの方が分析を進めやすいです。 自分の備忘の意味も含めて、どのように行ったかをまとめます。 R言語とRStudioのインストール手順はこちらの「 R と R Studioのイン ...

2019/6/17

国連人事の仕組み:学歴と言語能力に関して

はじめに この記事では国連人事制度の「学歴」と「言語能力」に関して書きます。まず、学歴を考える上で、まずは三つの仕事のカテゴリーをおさえる必要があります。 一般職(Gスタッフ、GSスタッフと呼びます) 専門職(Pスタッフと呼びます)以上のポジション 国家専門職(NOスタッフと呼びます) 日本の世間一般的な国連スタッフのイメージは2番目の専門職以上のポジションのことをさします。この2番目がインターナショナルスタッフで、世界を舞台に働きます。 1番目と3番目の一般職と国家専門職は基本的には、一つの国のみで仕事 ...

2017/7/6

タイでMBAの第一学期が終わったので振り返る【管理会計学】

管理会計とは 管理会計とは、組織の目標を追求して情報を特定、測定、分析、解釈、伝達するプロセスであり、管理プロセスの不可欠な部分です。組織のマネージメントは組織の目標を効果的に達成するために、リソース、活動、および人員を管理することによって、組織の価値を創出することを目指しています。管理会計はこれらのことを達成するためのツールです。

2017/7/6

タイでMBAの第一学期が終わったので振り返る【組織行動学】

3教科目は組織行動学という科目でした。英語ではOrganizational Behaviorと言います。授業は「組織文化」を理解するために概念的なフレームワークのアプローチから始まりまります。組織行動学はどちらかというとHR(人事組織管理)に近くお互いに補完しあっている教科です。人は、組織はどのような要素に影響を受けるのか、人にやる気を与えるためにはどのようなことを考える必要があるのか。給料なのか、達成感なのか、名誉感なのか。心理学的なアプローチも含んだ、少し主観的になりやすい教科でもあります。

2017/7/6

タイでMBAの第一学期が終わったので振り返る【経営情報システム】

前回は分量分析入門について振り返りましたが、今回は経営情報システムに関してです。 なお、前回の記事はこちらです。 バンコクでMBAの第一学期が終わったので振り返る【分量分析】 二科目目:経営情報システム入門 クラスメイトのプレゼン。凛々しい!   経営情報システムとは この教科はITをどのように活用してビジネスを進めていくかに焦点が当てられます。そもそも情報システムと情報技術は何が違うのかの定義から授業が始まりました。

2019/6/19

タイでMBAの第一学期が終わったので振り返る【分量分析入門】

みなさんメリークリスマス!(遅)やっと学期末試験を終え、一学期を乗り切りました。今学期を振り返りたいと思います。写真も沢山載せましたのでご覧ください。 なお、入学式の様子も書いてますので、ご興味のある方はこちらも御覧ください。 タイの大学院生活が始まりました タイの大学院受験で経験したこと 前編 タイの大学院受験で経験したこと 後 今学期受けた教科 今学期は4教科受けました。全ての授業は英語で、一ヶ月で一教科消化します。月曜日・水曜日・金曜日の週3回夜間の(午後6時から10時まで)クラスでした。平日昼間、 ...

2019/1/2

全額支給留学プログラム等の制度を3つ紹介

留学をする際の大きな心配事は学費や生活費だと思います。返済不要の奨学金で留学したい方のために、三つの返済不要の制度を紹介いたします。将来国連やJICA等で働きたい方はぜひご活用ください。

Copyright© Shota's Blog , 2019 All Rights Reserved.