タイ・バンコクのグルメ:遠藤寿司

0

何度でも行きたいタイのお寿司屋さん

今年に入り、僕の友人の親戚がオーナーとしてタイにお寿司屋さんを開きました。大阪に本店のある遠藤寿司さん。創業百年を超える老舗です。タイ・バンコクの様々なお寿司屋さんに入りましたが、その中でもこのお店はその中でも頭一つ出ていると思います。

どのネタも上品な味わいです。マグロはタイで食べた中で一番美味しかった。
どのネタも上品な味わいです。マグロはタイで食べた中で一番美味しかった。

タイ人に大人気!

最近、僕の同僚や友人が旅行でよく大阪に行きます。(今年に入って5組は行っていますが、みんな大阪です)。そして大阪に行くと必ずと行っていいほど寄るのがこの遠藤寿司さんだそうです。何でもタイ人が行列を作るので、入店するのに1時間は待つのだとか・・・。Pantipという情報サイトに遠藤寿司の記事が上がったことで、一気に広まったのだとか・・・。

こんなメニューがあります(一部紹介)

前菜盛り合わせ

早速前菜盛り合わせを頼みました。

前菜盛り合わせ。タイ料理や外国の料理に飽きて、日本料理が恋しくなった時にいいかもしれません。THE日本の味です。
前菜盛り合わせ。タイ料理や外国の料理に飽きて、日本料理が恋しくなった時にいいかもしれません。THE日本の味です。

揚げ出し豆腐

揚げ出し豆腐。一緒に行ったタイ人も気に入っていました。
揚げ出し豆腐。一緒に行ったタイ人も気に入っていました。

あん肝

大好物のあん肝。タイで食べることができるとは思いませんでした。
大好物のあん肝。タイで食べることができるとは思いませんでした。

ぶり大根

大根も味がしみていて、ぶりもホロっとお箸ですぐにほぐれます。日本酒が合います。
大根も味がしみていて、ぶりもホロっとお箸ですぐにほぐれます。日本酒が合います。

寿司

やっぱりメインはお寿司です。

sushi-set
蛸がとんでもなく美味しい。こうやってタレに漬け込んだ蛸をお寿司で食べたのは初めてでした。次回も必ず頼みます。
大好きな大トロ、穴子。すぐ無くなりました笑
大好きな大トロ、穴子。すぐ無くなりました笑

醤油は刷毛で塗る

遠藤寿司さんの握りは東京の江戸前寿司と違って固く握らないそうです。醤油も刷毛を使って塗ります。
遠藤寿司さんの握りは東京の江戸前寿司と違って固く握らないそうです。醤油も刷毛を使って塗ります。

いくらはとにかく粒が大きい・・・

ikura
いくらはとにかく粒が大きいです・・・

味はどれも絶品

オーナーさんや板前さんと少し話をさせていただきました。友人の話で少し盛り上がりました。一流の職人さんが大阪からバンコクに来て、腕をふるってらっしゃいます。色んなお寿司屋さんに行きましたが、どこもタイ風にアレンジされています。もちろん、それも美味しいのですが、タイ風のお寿司を食べた後に遠藤寿司さんのお店に行くと、格が違います。やっぱり本物は違いますね。

紹介してくれた、友人に感謝です。

場所

場所はThonglor Soi 11とSchunvit Soi 55のぶつかる角にあります。住所的には2階ですが、1.5階があるので、感覚的には3階です。

住所

235,THE TASTE THONGLOR ,2nd FL (UNIT11) Soi Thoglor11,
Klongton-Nua Wattana, Bangkok 10110

営業時間

Lunch:  11:30am – 2pm (LO / 1:30pm)
Dinner: 5:30pm – 10:30pm (LO / 10:00pm)

予約電話番号

02-712-5211

ホームページ

BangkokのHP

http://www.endo-sushi.com/1249612531124671246324215.html

本家HP

http://www.endo-sushi.com

Google Map

 

以上、タイ・バンコクのグルメ:遠藤寿司の紹介でした。あなたのオススメのお店がありましたら、ぜひ教えてくださいませ。


ご案内:UN Job Siteを開発しました。

国連のポストを簡単に探すことができるプラットフォームUN Job Siteを開発しました。国連で将来働きたい方や、現在働いていて今後自分の就職活動を少ない労力で行いたい方に向けて作っています。国連の採用基準やポリシーに合わせて現在も継続的に開発していますので、ちょくちょく覗いていただければと思います。また、ブログ記事にてその開発背景や今後の開発予定の機能等も載せていますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

下記の画像をクリックしていただくことで、UN Job Siteに遷移します。


Facebook PageやTwitterもぜひフォローお願いします。

また、国連職員を目指している方への情報配信Facebook Pageや、Twitterアカウントでも情報配信をしていますので、フォローも是非よろしくお願い致します。