みんなの質問箱

国連ポストの「関連する分野の実務経験」とはどの範囲のことをさしますか?

投稿日:

質問

国連やJPOの応募資格で一貫して見受けられるのが「関連する諸分野での実務経験」という文言です。例えばPKO活動局などの平和構築に従事したい場合、メーカーや商社などの民間企業では上記の実務経験には当たらないんでしょうか?この実務経験の関連性の範囲についてお聞きしたいです。

 

回答

ご質問ありがとうございます。

関連する実務経験ですが、例にあがりました平和構築に関する経験はたくさんあると思います。国家間の協議調整経験、フィールドにおける現地調査を通した監視と評価(monitoring and evaluation)、人道援助機関が実施するプログラムの遂行など考えられますね。

 

実際のポスト募集要項

もし実際の国連のポストに応募する場合は、特定の職務経験が要求される場合がありますので、これは募集要項を見るしかありません。ここで例を出してみます。

Department of Political Affairs and Peace-building

POLITICAL AFFAIRS OFFICER(P4)

求められる職務経験

A minimum of seven years of progressively responsible experience in political science, international relations, law, disarmament, security, development management, conflict resolution or related area.

Experience drafting a range of documents, reports, and analyses for senior officials is required.
Experience in policy formulation is required.
Experience in coordination of processes across multiple stakeholders is required.
Experience in administrative and budgetary processes is desirable.
Experience in multilateral negotiation, mediation or inter-governmental processes is desirable.
Experience working on peace and security issues related to the Southeast Asia regions is desirable.

UNJOB Siteより抜粋(https://unjob.site/ja/timelines/23132

P4は少し上のレベルですが、このような職務経験が求められます。

United Nations Assistance Mission in Somalia

INFORMATION ANALYST, POLITICAL AFFAIRS(P3)

求められる職務経験

A minimum of five years of progressively responsible experience in intelligence, information analysis, political science, international relations, journalism, development, security (military or police) or a related field is required. Experience in research, information analysis and drafting of analytical products is required. Experience in a UN peacekeeping, or other field operation is advantage. Experience working in an integrated civilian-military-police environment is desirable. Experience working in the Mission’s geographical region of operations is an advantage.

UNJOB Siteより抜粋(https://unjob.site/ja/timelines/22766

これは他のPolitical, Peace and Humanitarianに分類されていますが、こちらもPeaceと入っていましたので抜粋いたしました。こちらはよりジャーナリズムや情報分析などが出てきます(情報分析官の仕事のためでしょう)。この五年以上〜の経験および関連する分野と書かれていますが、重要なのはそれ以降の求められる経験です。必須(Required)および好ましい(Desirable, an advantage, an asset)ものはできるだけ全て経験として持っておきたいものです。

実際の例(ITの場合)

私はITの分野なので、ITの例にご説明致します。まずITの仕事を募集する時に、ITの仕事に全く関わったことがない人は書類選考の段階で問答無用に落とします。

1.関連する分野

どこを見るかと言いますと、国連の職務経歴を書く欄にその仕事の関係分野を記すところがあります。ここにITに関する分野が選択されている必要があります。あまりにもITとかけ離れている場合は落とします(一応、職務経歴もスキミングします)。逆に少しでも関係していそうだなと思う場合は、(私の場合は)一応残します。

 

2. 求められる具体的な職務経験

ITに関連する仕事に関わっていた場合に、更にふるいにかけます。例えば、その募集のポストがネットワーク(WiFi)の専門家を募集してたとします。そうすると、ITの分野でも例えばウェブアプリケーションエンジニアの経験があっても募集プロファイルと異なりますので、書類で落とします。これが関連分野の後に書かれている、必須項目やあれば好ましい項目の部分ですね。必須項目がなければ落としますし、あればロングリストの一人にカウントされます。

他の分野でも同じように採点されていることが考えられます

このようなことが他の分野でも起こると思っていただければいいのではないでしょうか。例えば、プログラム評価の経験があるとか、少しでも平和構築に関連するであろう経験がある場合は、その分野のポストを応募する一考の価値はあると思います。(繰り返しになりますが、学歴も伴わなければなりません)。

その分野に関連しているかどうかは、正直その書類を見る人の主観に依存してしまう部分があるかもしれません。そのため、いかに自分がその分野に関係しているかを正当化しなければなりません。メーカーや商社であっても、その分野で働いているのであれば問題ありません。(ただし、ポストによって国際的な環境で働いた経験、国際機関での勤務経験などが優遇されるポストも多くあります。)そして、上記に例を挙げて述べましたが、重要なのはその関連する項目の後に書かれている、より詳細な必要条件です。

JPOで募集では、ポスト単位でそのTOR(募集要項)を公表しているポストもありますので、TORをみて自分の職務経験が活きるかどうか確認できると思います。

国連のポスト募集要項に書いてある「関連する職業」とは何か」の記事にも、どのような準備ができるのかを含めて説明しておりますので、併せてお読みください。

私のオススメは自分の希望する様々なポストの募集要項をみて、その募集要項が自分の経験が合致するか実際に調べてみルことです。そのギャップをみて実際にどのような対策がとれるのかを具体的にしていき、疑問を解消していきましょう。必要な経験がしっかり書かれているものが多いので大変参考になると思います。

あなたも直接質問してみませんか?

国連に関する疑問やお悩みを匿名で質問することができます。Q&A公開は承認方式です。

いただいた質問はサイト上で公開します。ウェブで公開できない個人情報等は書かないでください。


ご案内:UN Job Siteを開発しました。

国連のポストを簡単に探すことができるプラットフォームUN Job Siteを開発しました。国連で将来働きたい方や、現在働いていて今後自分の就職活動を少ない労力で行いたい方に向けて作っています。国連の採用基準やポリシーに合わせて現在も継続的に開発していますので、ちょくちょく覗いていただければと思います。また、ブログ記事にてその開発背景や今後の開発予定の機能等も載せていますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

下記の画像をクリックしていただくことで、UN Job Siteに遷移します。


Facebook PageやTwitterもぜひフォローお願いします。

また、国連職員を目指している方への情報配信Facebook Pageや、Twitterアカウントでも情報配信をしていますので、フォローも是非よろしくお願い致します。




こんな記事もあります




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

亀山 翔大

東京都出身。劇団四季俳優、日本IT企業CTO(最高技術責任者)、国連防災世界会議ITコーディネーター、Fintech企業のKyashを経て、国際連合に勤める。国連ICT戦略推進、リージョナルセンター設立、コンプライアンス、セキュリティ強化など様々なプロジェクトを手がける。 各国連組織にある求人情報を一括取得し、自分で管理するお手伝いをするサービス、https://unjob.site を運用中。 プロフィール詳細はこちら

人気記事

1

国連職員になるには、国連で働くためには、就職するためには、何を知るべきなのか、何を準備したらいいのか順番に解説していきます。国連職員になる難易度は本当に高いのか、なぜ高いと言われているか。出身大学や学部はどの程度関係あるか、採用試験のために学生のうちにどんな準備ができるかなど様々な疑問に答えていきます。

CV image 2

レジュメやCV、PHPを書く際に自分でどのようなことが改善できるかを4つの原則、12のルール、2つの改善方法を紹介します。また末尾に19の質問をのせ、自分の応募書類がチェックできるようにしました。一つ一つ時間をかけてあなたの応募書類の合格率をあげましょう。

3

国連職員の給料を役職ごと(専門職・管理職・上級職)に公開します。国際的な貢献は最も重要な点でありますが、人によってはキャリア形成の上で給料は大切な要素だと思います。国連職員の年収を東京やニューヨークを例にとり計算。UN、UNDP、UNICEF、UNFPA、WHO、IFC、IMF、UNHCRなど様々ありますが、この記事の給料はそれらの国連機関をカバーしています。

-みんなの質問箱

Copyright© Shota's Blog , 2019 All Rights Reserved.