国連の職探しは難しい?

日本人にとって国際機関で働くことを夢見ている人にとって、まず疑問に思うことは国際機関の職ってどこで探せばいいのか、ということではないでしょうか。なかなか慣れないと、探しづらいのではないでしょうか。ここでは「どこで公式に国際連合の職を募集しているのか」、代表的なサイトを紹介していきたいと思います。

国連職員を募集している公式サイト

まずは、国連職員・コンサルタントの職を探す場合です。国連の職員と言っても、多くの国連機関・種類・ランクがあります(この説明はまたの機会に致します)。まずは下記のサイトをチェックして頂ければと思います。

Inspira

ログイン画面にいきなり飛ばされてしまいますが、ここで会員登録をすると、様々な公示されているポジションの情報にアクセスすることができます。(InspiraはGOP(リンクを貼った時にサムネイルや説明文など挿入すること)対応されていないみたいですね・・・。今度Inspiraを開発している方たちに提案してみようかしら・・・。)

国連職員のポストは大抵ここに公示されますポストによっては1週間しか掲載していないということもあるのでご注意ください。興味のあるポジションが掲載されたらメールで知らせてくれる機能もありますので、この機能を利用すれば見落としがなくなるかと思います。ただ、どのように検索をすればいいのか(ポジションやランク等)わからない方もいらっしゃると思いますので、それはまたの機会にお伝えできればと思います。

 

インターンを募集しているサイト

 

日本でもインターンシップを募集している国際機関がある

国連では積極的にインターンを雇っています。例えば、日本では下記の国連機関のように直接サイトで募集しているところがあります。

インターンシップ | 国連広報センター

国連広報センター(UNIC)、インターン募集国連広報センター(UNIC)では随時5-6名のインターンが活躍しています。職員と共に日々の業務に取り組んでいるインタ…

インターンは基本的には最大6か月。場所により2か月のみという場合もあります。例え2か月でも国際機関がどういうところなのか知るいい機会になるでしょうし、中に入らないと取得できない情報もあります。私のいるUNESCAPでも積極的にインターンを採用している部署があります。

インターンシップは無給?

ただし、国連は積極的に労働環境の改善をしようとしている機関を除き、残念ながら基本的には無給のところがほとんどです。無給が故に、生活に困り、泣く泣く他の給料付きのインターンシップに移ってしまう人も何人か見ました。

奨学金が得られるインターンもある

下記の外務省のサイトに掲載されているように補助の出るインターンもあるようです。

国際機関でインターンをする場合、多くは無給ですが、文部科学省「トビタテ!留学JAPAN」では、海外の国際機関本部や事務所でインターンを行う場合も奨学金を得られる可能性があります!

是非、積極的にご応募ください。

 

個人的にオススメのサイト

外務省の下記のFacebookページでは頻繁に有益な情報を掲載しています。是非イイねをして、チェックして頂ければと思います。

https://www.facebook.com/MOFA.jinji.center/

ここでは日本の空席ポストを定期的に公示するだけでなく、わざわざ世界中の空席ポストや求人情報をまとめて掲載したり、国際機関で働くことを目指す人のためのイベント情報など積極的に配信しています。とても魅力的なイベントが沢山あります。個人的にもっと早く知りたかった・・・です。

 

まだまだオススメのサイトがありますので、今後も積極的に配信していきたいと思います。


ご案内:UN Job Siteを開発しました。

国連のポストを簡単に探すことができるプラットフォームUN Job Siteを開発しました。国連で将来働きたい方や、現在働いていて今後自分の就職活動を少ない労力で行いたい方に向けて作っています。国連の採用基準やポリシーに合わせて現在も継続的に開発していますので、ちょくちょく覗いていただければと思います。また、ブログ記事にてその開発背景や今後の開発予定の機能等も載せていますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

下記の画像をクリックしていただくことで、UN Job Siteに遷移します。


Facebook PageやTwitterもぜひフォローお願いします。

また、国連職員を目指している方への情報配信Facebook Pageや、Twitterアカウントでも情報配信をしていますので、フォローも是非よろしくお願い致します。




こんな記事もあります