(国連分担金)どの国が国連にどれぐらいの額のお金を払っているか

0

国連分担金はどのように決まるか

加盟国は合意された規模の評価に応じて国連分担金を支払います。

この規模は、国の支払い能力、国民所得、人口規模に基づいていて算出されます。主要な貢献国は、米国、日本、中国、ドイツです。

2017年の国連通常予算における加盟国の支払い総額は約27億7653万ドルでした。

アメリカが22%の約6.1億ドル、日本が約9.7%の約2.7億ドル、中国が約7.9%の約2.2億ドル、ドイツが約6.4%の約1.8億ドルという結果になりました(小数点第二位を四捨五入しています)。

国連分担金のトップ10

2017年度の国連分担金のトップ10は下記の通りとなっています。

日本は前年度同様に世界第二位の国連分担金拠出国です。

 順位分担率2017年総分担金
( Gross)
1アメリカ22.0%$610,836,578
2日本9.7%$268,768,094
3中国7.9%$219,928,933
4ドイツ6.4%$177,392,495
5フランス4.9%$134,911,588
6イギリス4.5%$123,916,530
7ブラジル3.8%$106,146,738
8イタリア3.7%$104,064,341
9ロシア3.1%$85,739,243
10カナダ2.9%$81,102,438

 

また下記のリンクをご覧になっていただくと、各国がどれだけ負担したのかがわかります。

http://www.un.org/en/ga/search/view_doc.asp?symbol=ST/ADM/SER.B/955

 

今回は、通常予算に関して書きましたが、他にも平和活動費や国際法廷費がありますが、こちらはまた機会があれば説明したいと思います。


ご案内:UN Job Siteを開発しました。

国連のポストを簡単に探すことができるプラットフォームUN Job Siteを開発しました。国連で将来働きたい方や、現在働いていて今後自分の就職活動を少ない労力で行いたい方に向けて作っています。国連の採用基準やポリシーに合わせて現在も継続的に開発していますので、ちょくちょく覗いていただければと思います。また、ブログ記事にてその開発背景や今後の開発予定の機能等も載せていますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

下記の画像をクリックしていただくことで、UN Job Siteに遷移します。


Facebook PageやTwitterもぜひフォローお願いします。

また、国連職員を目指している方への情報配信Facebook Pageや、Twitterアカウントでも情報配信をしていますので、フォローも是非よろしくお願い致します。



返事を書く

コメントを入力してください。
ここにお名前を入力してください。