国際連合

国連グローバルパルスの2016年次報告書やSDGsレポート、災害サポートゲームが発表されました

投稿日:

国連グローバルパルスとは

国連グローバルパルスは、データ科学に関する国連革新イニシアティブです。ビジョンは、デジタルデータが公衆のために安全かつ責任あるものになる未来の創出です。このイニシアティブは、2009年に国連が開発と人道の実践と政策実施を支援するために設立されたものであり、これは、リアルタイムフィードバックとデータ分析の力を活用して、より機敏で適応的な作業を行うことにあります。

グローバルパルスは、持続可能な開発と人道行動に大きなデータを提供する機会の認識を促進し、インドネシア、ウガンダ、そして国連本部(ニューヨーク)にあるデータ科学革新センターネットワーク、もしくはパルス研究所、を通じて国連および政府パートナー向けのインパクト分析ソリューションを開発しています。

国連グローバルパルス年次報告書(2016)

2016年年次報告書は、持続可能な開発目標(SDG)を支援するために国連グローバルパルスが行ったイノベーション活動をまとめたものです。

1年を通して、国連グローバルパルスは、数十人の国連機関とパートナーとのイノベーションプロジェクトやツールについて協力し、開発と人道行動のためのビッグデータを利用するための可能な環境を構築しました。

http://unglobalpulse.org/sites/default/files/UNGP%20Report%202016_DIGITAL%20VERSION.pdf

2030年アジェンダのビッグデータに関するガイダンス

国連開発グループは、国連グローバルパルスの支援による「2030年アジェンダ:データプライバシー、倫理および保護」の達成に関する「ビッグデータ」に関するガイダンスノートを発表しました。

このメモは国連の責任あるビッグデータガバナンスに関する最初の文書の1つであり、国連の30以上の機関によって承認されています。これは、(1)SDGsのビッグデータの使用を支援する共通原則を確立し、(2)リスク管理ツールとしてサービスを提供し、(3)民間セクターデータの保持と使用のための原則を設定します。

https://undg.org/wp-content/uploads/2017/03/UNDG-Big-Data-Guidance-Note.pdf

「ソーシャルグッドのためのモバイルデータ状況」レポート

グローバルモバイル通信業界連合である国連グローバルパルスとGSMAは、ニューヨーク市のボーダフォンで「ソーシャル・グッド(社会貢献に類する活動を支援・促進するソーシャルサービスの総称)のためのモバイルデータ状況」レポートを発表しました。

この出版物は、200以上のプロジェクトや研究を対象に、モバイルデータを活用して、現在の状況や障壁を査定/評価し、プロジェクトを前に進める勧告を行います。

http://unglobalpulse.org/sites/default/files/MobileDataforSocialGoodReport_29June.pdf

 

Translator Gator-災害対応を伝える言語ゲーム

ソーシャルメディアには、人々が何を考えているかを理解し、自分たちの人生に影響を与えることについての気持ちを理解するために、多くの洞察が含まれています。しかし、あまり知られていない言語、アルファベット、およびローカル方言や用語の分類学を構築することは困難です。

ジャカルタパルス研究所は、アジア太平洋地域での人道と災害管理の取り組みを支援するため、ASEAN国を対象とした、クラウドソーシングを使用して災害関連キーワードの分類を作成する言語ゲーム「Translator Gator」をローンチした。

同研究所は、危機発生前、発生中、および危機後の被災集団の懸念をよりよく理解するためのツールを開発するために、パートナーと協力して分類法を使用します。

http://translatorgator.org/

http://unglobalpulse.org/news/translator-gator-language-game-for-disaster-management

ソーシャルグッドのためのAIサミット

国連グローバルパルスは、6月7~9日にジュネーブで開催された「ソーシャルグッドのためのAIサミット」に参加し、三つの議論であるプライバシーとセキュリティの強化、AIの倫理的開発、および社会的良好なデータについて議論しました。

http://www.itu.int/en/ITU-T/AI/Pages/201706-default.aspx

 


ご案内:UN Job Siteを開発しました。

国連のポストを簡単に探すことができるプラットフォームUN Job Siteを開発しました。国連で将来働きたい方や、現在働いていて今後自分の就職活動を少ない労力で行いたい方に向けて作っています。国連の採用基準やポリシーに合わせて現在も継続的に開発していますので、ちょくちょく覗いていただければと思います。また、ブログ記事にてその開発背景や今後の開発予定の機能等も載せていますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

下記の画像をクリックしていただくことで、UN Job Siteに遷移します。


Facebook PageやTwitterもぜひフォローお願いします。

また、国連職員を目指している方への情報配信Facebook Pageや、Twitterアカウントでも情報配信をしていますので、フォローも是非よろしくお願い致します。


こんな記事もあります




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

亀山 翔大

東京都出身。劇団四季俳優、日本IT企業CTO(最高技術責任者)、国連防災世界会議ITコーディネーター、Fintech企業のKyashを経て、国際連合に勤める。国連ICT戦略推進、リージョナルセンター設立、コンプライアンス、セキュリティ強化など様々なプロジェクトを手がける。 各国連組織にある求人情報を一括取得し、自分で管理するお手伝いをするサービス、https://unjob.site を運用中。

プロフィール詳細はこちら

講演依頼はこちら

人気記事

1

国連職員になるには、国連で働くためには、就職するためには、何を知るべきなのか、何を準備したらいいのか順番に解説していきます。国連職員になる難易度は本当に高いのか、なぜ高いと言われているか。出身大学や学部はどの程度関係あるか、採用試験のために学生のうちにどんな準備ができるかなど様々な疑問に答えていきます。

CV image 2

レジュメやCV、PHPを書く際に自分でどのようなことが改善できるかを4つの原則、12のルール、2つの改善方法を紹介します。また末尾に19の質問をのせ、自分の応募書類がチェックできるようにしました。一つ一つ時間をかけてあなたの応募書類の合格率をあげましょう。

3

国連職員の給料を役職ごと(専門職・管理職・上級職)に公開します。国際的な貢献は最も重要な点でありますが、人によってはキャリア形成の上で給料は大切な要素だと思います。国連職員の年収を東京やニューヨークを例にとり計算。UN、UNDP、UNICEF、UNFPA、WHO、IFC、IMF、UNHCRなど様々ありますが、この記事の給料はそれらの国連機関をカバーしています。

-国際連合
-,

Copyright© Shota's Blog , 2019 All Rights Reserved.