ピコ太郎、国連でPPAPを披露することが決定 SDGs(持続可能な開発目標)の認知に貢献

ピコ太郎さんは7月12日に岸田文雄外務大臣と面会し、7月17日にあるニューヨークの国連にて、日本政府が主催するレセプションにてこのパフォーマンスをすることを発表しました。

前の記事(https://blog.shota-kameyama.com/2017/07/12/ppap-and-sdgs/)にて、外務省がYoutubeにアップしたと書きましたが、今後のSDGsの認知向上と日本のプレゼンス向上のための一環だったのですね。この発表を見て納得いたしました。

今後国連においての広報活動においても一目置かれる場を提供し、日本の国連活動のアピールの場にしたいということなのかもしれません。PPAPを披露するというだけで、相当の人を呼ぶことができるでしょうし、SDGsとかけていることから話題性も抜群です。「PPAPとSDGsをそう繋げてきたかー!」と思う人が相当いるはずです。しばらくNYオフィスにおいて話題になるのではないでしょうか。

残念ながら、私はニューヨークには勤めていないので、見ることができませんが、機会があれば日本人職員に聞いてみたいと思います。うまくいったら長期的にも使われるのかもしれませんね。今後が楽しみです。バンコクの国連でも披露して欲しいです・・・

そのPPAPと外務省(SDGs)がコラボした動画はこちら


ご案内:UN Job Siteを開発しました。

国連のポストを簡単に探すことができるプラットフォームUN Job Siteを開発しました。国連で将来働きたい方や、現在働いていて今後自分の就職活動を少ない労力で行いたい方に向けて作っています。国連の採用基準やポリシーに合わせて現在も継続的に開発していますので、ちょくちょく覗いていただければと思います。また、ブログ記事にてその開発背景や今後の開発予定の機能等も載せていますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

下記の画像をクリックしていただくことで、UN Job Siteに遷移します。


Facebook PageやTwitterもぜひフォローお願いします。

また、国連職員を目指している方への情報配信Facebook Pageや、Twitterアカウントでも情報配信をしていますので、フォローも是非よろしくお願い致します。




こんな記事もあります