Umoja

投稿日:

Umojaは、国連事務局が国連スタッフの業務パターンを変革し、事業をどのように実施し、どのように資源を管理するのかによって、国連事務局の管理を完全に再構築したものです。この変革の中心となるのは、最先端のエンタープライズリソースプランニング(ERP)ソフトウェアであり、組織の定着、人材、調達、資産の管理に調和し合理化されたアプローチを実現します。

Umojaのソリューションにより、国連は次のことを可能にしました

•IMIS、Mercury、Sunなどの複数の断片化されたレガシーシステムを置き換えることによって、21世紀に適したテクノロジ、ツール、プラクティスにアップグレードする。
•持続可能な方法でIPSAS(国際公的部門会計基準)などの国際的な業界標準に準拠する。
•細分化された管理プロセスを合理化し、管理者とスタッフが長い承認プロセスではなく、当社の権限に集中できるようにする。
•無駄や不満を避けるために、異種ソリューションを調和させて単純化する。
•拠点、部署、機能分野の障壁を解消する。
•人材をより価値のある、そして価値のある仕事に配分する。

Umojaは、以下の方法で組織を変更し、改善することを可能にします

1)技術管理
•グローバルなソリューション(IMIS、SUN、Mercury、Procure +、そして最終的にはGalileoなどの旧式のシステムに置き換わる)を保守し、容易に対話できないように、大規模なカスタム構築システムを統合する。

2)ビジネスプロセス
•1つのデータ源を利用して管理サービスを提供するための単一の方法に至るまで、場所によって異なる作業慣行から脱却し、スピードと効率性を向上させる。
•資産および資源、発注資料、在庫追跡からすべての財務取引を実行し、プロジェクトを管理する方法に影響を与えます。

3)コンプライアンス
•国際的な業界標準(IPSASなど)

すべての職員および非職員は、Umojaですべてのトランザクションを実行できます。これにより、書類作業や承認に費やす時間を短縮できます。Umojaは、より効果的に連携し、より優れたクライアントサービス体験を提供することができます。

すべての国連職員および非職員は、従業員セルフサービス(ESS)および(該当する場合)マネージャセルフサービス機能(MSS)を通じて新しいシステムと対話します。

マネージャーはUmojaのMSS機能を通じて新しい役割を果たします。また、管理事項の管理および特定のHR関連タスクの実行に直接責任を持ちます。MSSは、可視性を高め、正確な情報の単一のソースを提供します。

Umojaの展開タイムライン

Umojaは、グローバル事務局全体で段階的に導入されています(「クラスタ」と呼ばれています)。組織が少しずつ変化を順応し、包括的なソリューションをグローバル組織に展開する際の重要なリスクに対処するためです。

Umojaウェブサイト

UMOJA | be the change

ESS /プロダクション・システム・ログイン
•トレーニング
•仕事の援助
•BIレポート
•スタッフのリソース
•ポスター&宣伝用資料
ESS / MSSチューター
•よくある質問
•展開のタイムライン
用語解説
•HRツール
•ニュースレター
•Unite Identityログイン情報
•Umojaログインガイド
•通知と更新
•Umoja Companion App
•ポッドキャスト
•ビデオ
•リリースノート
•プロジェクト情報

Umoja iseekページ

https://iseek.un.org/umoja•ESS /プロダクション・システム・ログイン
•求人情報と参考資料
•ハウツーガイド
•サポート情報
•ブラックアウトフォーム
•マスタデータ更新
•ユーザの追加/変更/削除


ご案内:UN Job Siteを開発しました。

国連のポストを簡単に探すことができるプラットフォームUN Job Siteを開発しました。国連で将来働きたい方や、現在働いていて今後自分の就職活動を少ない労力で行いたい方に向けて作っています。国連の採用基準やポリシーに合わせて現在も継続的に開発していますので、ちょくちょく覗いていただければと思います。また、ブログ記事にてその開発背景や今後の開発予定の機能等も載せていますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

下記の画像をクリックしていただくことで、UN Job Siteに遷移します。


Facebook PageやTwitterもぜひフォローお願いします。

また、国連職員を目指している方への情報配信Facebook Pageや、Twitterアカウントでも情報配信をしていますので、フォローも是非よろしくお願い致します。


こんな記事もあります




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

亀山 翔大

東京都出身。劇団四季俳優、日本IT企業CTO(最高技術責任者)、国連防災世界会議ITコーディネーター、Fintech企業のKyashを経て、国際連合に勤める。国連ICT戦略推進、リージョナルセンター設立、コンプライアンス、セキュリティ強化など様々なプロジェクトを手がける。 各国連組織にある求人情報を一括取得し、自分で管理するお手伝いをするサービス、https://unjob.site を運用中。

プロフィール詳細はこちら

講演依頼はこちら

人気記事

1

国連職員になるには、国連で働くためには、就職するためには、何を知るべきなのか、何を準備したらいいのか順番に解説していきます。国連職員になる難易度は本当に高いのか、なぜ高いと言われているか。出身大学や学部はどの程度関係あるか、採用試験のために学生のうちにどんな準備ができるかなど様々な疑問に答えていきます。

CV image 2

レジュメやCV、PHPを書く際に自分でどのようなことが改善できるかを4つの原則、12のルール、2つの改善方法を紹介します。また末尾に19の質問をのせ、自分の応募書類がチェックできるようにしました。一つ一つ時間をかけてあなたの応募書類の合格率をあげましょう。

3

国連職員の給料を役職ごと(専門職・管理職・上級職)に公開します。国際的な貢献は最も重要な点でありますが、人によってはキャリア形成の上で給料は大切な要素だと思います。国連職員の年収を東京やニューヨークを例にとり計算。UN、UNDP、UNICEF、UNFPA、WHO、IFC、IMF、UNHCRなど様々ありますが、この記事の給料はそれらの国連機関をカバーしています。

-

Copyright© Shota's Blog , 2019 All Rights Reserved.