データ・サイエンス

MBA 勉強・学習・資格 大学院

2017/10/30

R言語によるピアソン積率相関係数分析と相関散布図

ピアソン積率相関係数分析とは ピアソン積率相関分析はどれだけ二つの変数の相関関係があるのかを0 ≦ |r| ≦ 1で表す分析で、絶対数の1に近いほど高い相関関係を表します。 例えば、国語の成績がいい人は数学の成績がいいことと相関の関係を持っているかどうか等の分析に使います。下記、京都光華大学の説明を引用させて頂きます。  2変数間に、どの程度、直線的な関係があるかを数値で表す分析です。 変数xの値が大きいほど、変数yの値も大きい場合を正の相関関係といいます。 変数xの値が大きいほど、変数yの値が小さい場合 ...

MBA 勉強・学習・資格 大学院

2017/10/30

R言語による重回帰分析 Multiple Linear Regression Analysis

私が大学院でとっているIndividual ResearchおよびBusiness Research Analysisクラスでは、IBMのSPSSを使って分析をしているのですが、あまりサクサク動かないと言うこともあり、R言語とRStudioで勉強を進めています。個人的には、R言語で行った方が、結果がすぐに出てくるので、精神衛生上こちらの方が分析を進めやすいです。 自分の備忘の意味も含めて、どのように行ったかをまとめます。 R言語とRStudioのインストール手順はこちらの「 R と R Studioのイン ...

ICT戦略 国際連合 情報技術(IT) 技術

2017/7/6

データ・サイエンティストのためのコンテスト #UNGAviz

データサイエンティストのためのコンテスト 国連は大量のデータを保有しています。それをどうにか有効活用できないかと外部の人の力も借り、自由に意見交換をしようという考えのもとUnite Ideaができました。今回は国連総会に関するアイディアの募集です。米国国務省や国連のチーフデータアナリストが採点者として参加しますので、思わぬチャンスにつながるかもしれません。

Copyright© Shota's Blog , 2019 All Rights Reserved.