国連総会

    0

    国連総会

    国連総会(www.un.org/ga)は、国連の審議・政策立案・代表機関です。 各加盟国の代表者で構成され、各加盟国は1つの投票権を持っています。 重要な問題(平和と安全保障、新会員の入会、予算上の問題など)に関する決定には、3分の2の大多数が必要です。 他の質問の決定は単純過半数で行われます。

    機能と権力
    国連憲章の下で、国連総会は以下を行うことができます。

    • 紛争又は状況が安全保障理事会で議論されている場合を除き、国連憲章の範囲内の質問又は事項を議論し、又は国連機関の権限及び権限を行使し、勧告する。
    • 上記と同じ例外を除いて議論し、国際的な平和と安全に関連するいかなる問題についても勧告する。
    • 軍縮や武器規制を含む国際平和と安全の維持における協力の一般的原則について検討し、勧告する。
    • 起源にかかわらず、国家間の友好関係を損なう可能性のあるあらゆる状況の平和的調整のための勧告を行う。

    国連憲章のもとで、国連総会は下記を課す。

    • 国際的な政治協力、国際法の進歩的発展とコーディング、すべての人権と基本的自由の実現、経済的、社会的、文化的、教育的および保健分野における国際協力を促進するための調査を行い、提言を行う。
    • 安全保障理事会の年次報告書とその他の国連機関の報告書を受け取り、検討する。
    • 国連の予算を検討し、承認し、メンバー間の貢献を配分する。
    • 安全保障理事会の非常任理事、経済社会理事会のメンバー、信託統治委員会の追加メンバー(必要な場合)を選出する。安全保障理事会と共同して国際司法裁判所の裁判官を選出する。 安全保障理事会の勧告に基づき、事務総長を任命する。

    1950年11月に国連総会で決議された「平和のための団結」決議のもと、国際平和への脅威、平和の侵害、または侵略行為のように見える場合には、安全保障理事会の常任理事国における全会一致に至らなかったため安全保障理事会が行動しなければ、議会は行動を起こす可能性がある。

    国連総会は、平和の侵害または侵略行為の場合には、国際平和と安全を維持または回復するために必要な場合には軍隊の使用を含む、集団措置のための加盟国への勧告を行うことを目的として、直ちに問題を検討するものとする。

    セッション
    総会の定期的な会合は毎年9月の第3週に火曜日に始まり、少なくとも1営業日を含む最初の週から数えています。 総会議長、副会長21名、6つの主要委員会委員長の選出は、通常セッション開始の少なくとも3ヶ月前に行われます。 平等な地理的表示を確保するために、総会の議長国は、アフリカ、アジア、東ヨーロッパ、中南米、カリブ海諸国、西欧諸国の5つの国家の間で毎年回ります。 さらに、安全保障理事会、加盟国の過半数、または多数の加盟国が同意する場合は一つの加盟国が要請すると、総会はの特別の会合を開くことができる。 人口と開発(2014年)と世界の薬問題(2016年)について、第29回特別総会(UNGASS)がそれぞれ開催された。緊急の特別セッションは、安全保障理事会の9人の理事会、国連加盟国の大多数、または多数の加盟国が同意する場合は一国の代表の投票により、24時間以内に呼び出される場合があります。 各定例会の初めに、総会は、加盟国が最も緊急な国際問題について意見を述べる一般的な議論を開催します。

    一年中、国連の仕事は、総会で与えられた義務、すなわち総会で採択された決議と決定で表明された多数の加盟国の意思、より派生します。 軍縮、平和維持、開発、人権などの特定の問題について調査し報告するために、総会によって設立された委員会およびその他の機関によって実施されます。 総会から呼び出された国際会議を通じて、国際連合事務局(事務総長)および国際公務員は職務を行うこととなります。

    ほとんどの質問は、総会の6つの主要委員会の1つで議論されています。

    • 第1委員会(軍縮と国際安全保障)
    • 第2委員会(経済と金融)
    • 第3委員会(社会、人道、文化)
    • 第4委員会(特別政治と腐敗防止)
    • 第5委員会(行政と予算)
    • 第6委員会(法律)

    いくつかの問題は本会議で直接検討されるが、ほとんどはこれらの委員会の1つに割り当てられる。 委員会が勧告したものを含む決議と決定は、通常は12月の定例会合の休憩の前に、投票総会の有無にかかわらず採択される可能性がある。

    総会は、通常、出席し投票した多数の議員による決議と決定を採択する。 国際平和と安全に関する勧告、主要な機関へのメンバーの選出、予算上の問題など、重要な質問は、3分の2の多数決で決定されなければならない。 投票は、記録された票、手元の投票、ロールコール投票として実施することができます。 総会の決定には政府にとって法的拘束力はないが、世界の意見と世界社会の道徳的権限の重荷を負うことになります。


    ご案内:UN Job Siteを開発しました。

    国連のポストを簡単に探すことができるプラットフォームUN Job Siteを開発しました。国連で将来働きたい方や、現在働いていて今後自分の就職活動を少ない労力で行いたい方に向けて作っています。国連の採用基準やポリシーに合わせて現在も継続的に開発していますので、ちょくちょく覗いていただければと思います。また、ブログ記事にてその開発背景や今後の開発予定の機能等も載せていますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

    下記の画像をクリックしていただくことで、UN Job Siteに遷移します。


    Facebook PageやTwitterもぜひフォローお願いします。

    また、国連職員を目指している方への情報配信Facebook Pageや、Twitterアカウントでも情報配信をしていますので、フォローも是非よろしくお願い致します。



    シェア
    前の記事MSS
    次の記事CEB
    東京都出身。劇団四季俳優、日本IT企業CTO(最高技術責任者)、国連防災世界会議ITコーディネーター、Fintech企業のKyash、国際連合アジア太平洋経済社会委員会を経て、現在国際連合プロジェクトサービス機関に勤める。国連ICT戦略推進、リージョナルセンター設立、コンプライアンス、セキュリティ強化など様々なプロジェクトを手がける。 各国連組織にある求人情報を一括取得し、自分で管理するお手伝いをするサービス、https://unjob.site を運用中。

    返事を書く

    コメントを入力してください。
    ここにお名前を入力してください。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください